今日の給食

紫波町の学校給食では、地元農産物の利用促進に取り組んでいます。給食で使われる「米」は全て町内産です。

児童、生徒は希望献立や生産者との試食会などで農畜産物への関心を高め、食の大切さを学んでいます。

<減塩・適塩の日給食>しわ豚の豚汁 (2017年04月28日)

今日の献立

 麦ごはん
 牛乳
 しわ豚の豚汁
 ちくわの磯辺揚げ
 野菜の梅和え

紫波町産食材

 米
 しわ豚

ひとくちメモ

 料理の味付けには調味料を使います。味がうすいと物足りないですが、味が濃すぎると病気の原因になってしまいます。岩手県は食塩をとる量が全国で1番多いため、減塩に取り組んでいます。給食でも1食の塩分が2.5グラムまでとされているので、うす味を心がけています。今日は青のりや梅を使ったおかずと野菜を多く使うことで減塩に心がけた給食になっています。