今日の給食

紫波町の学校給食では、地元農産物の利用促進に取り組んでいます。給食で使われる「米」は全て町内産です。

児童、生徒は希望献立や生産者との試食会などで農畜産物への関心を高め、食の大切さを学んでいます。

2018年11月

<あさりとチンゲンサイのスープ> (2018年11月21日)

今日の献立

麦ごはん
牛乳
あさりとチンゲンサイのスープ
フーヨーハイ
キムチ炒め

紫波町産食材


だいこん
たまねぎ

ひとくちメモ

 中学校では、含まれる栄養素によって食品を6つにわけた「6つの基礎食品群」について学習します。小学校までは食品は五大栄養素にわけられていたのですが、中学校ではビタミンが2つに分けられ、緑黄色野菜に多く含まれるビタミンA、その他の野菜に多く含まれるビタミンCとなります。今日は、チンゲンサイ、にんじん、にらにビタミンAが含まれています。