今日の給食

紫波町の学校給食では、地元農産物の利用促進に取り組んでいます。給食で使われる「米」は全て町内産です。

児童、生徒は希望献立や生産者との試食会などで農畜産物への関心を高め、食の大切さを学んでいます。

2018年10月

<食育の日・よくかむ給食> (2018年10月19日)

今日の献立

麦ごはん
牛乳
オニオンスープ
ヒレカツ
ごぼうのカミカミサラダ
ドライプルーン

紫波町産食材


たまねぎ
キャベツ

ひとくちメモ

 かみごたえのある食品というと、するめを思い浮かべる人が多いと思いますが、今日のカツに使われている豚ヒレ肉もかみごたえがある食品です。また、サラダのごぼうは、食物繊維が多く、かみごたえがあるので、よくかんで食べましょう。ドライプルーンもついていますので、かむことを意識して、飲み込む前にあと少しかんでみましょう。