片寄小学校3年生の味噌作り体験(2015年01月23日)

クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大

 平成27年1月23日(金)町民提案食育推進事業として、片寄小学校3年生の児童10名が「味噌作り」を体験しました。

 □ 講師 □ あぐりちゃや 代表 細川 栄子さん

 今回の味噌作りでは、児童のお母さん4名が一緒に体験しました。
 児童は、4班に分かれて作業に取り掛かりました。
 温かい大豆を潰しながら、「あったかーい」、「きもちい~」と話しながら楽しそうに作業していました。
 児童達には、大豆を潰すのが大変だったようで、足を使って潰している児童もいました。
 「昔は、こうやって踏んで味噌を作ったんだよ」と細川さんは話しました。
 作業が終わると、細川さんが作った味噌で、焼きおにぎりと、味噌汁をご馳走になりました。
 今日作った味噌は、夏休み明けにはできると聞き、児童達は、より一層楽しみにしていました。 

 ~・~ 感想 ~・~
    ◎上手にできてよかった。
    ◎全部のまめは潰れなかったけど、楽しかった。 

  <材料>                
   ・ 大豆 …                         400g
   ・ たね水(豆を煮た水又は、ぬるま湯) …   200㏄ 
      
・ 塩 …                            250g  
     
  
  
 ・ こうじ …                 250g  
   ・ 焼酎 …                         適量     
   
 <作り方>              
      1、大豆を、親指と小指で挟んで潰せる位の柔らかさ
          まで煮る。(煮ると約2.5倍の量になる)
   
2、大きめのビニール袋に煮た大豆を入れ、袋の上の
          方を輪ゴムで閉じる。 
(空気を抜くように)
    
3、手や足で、大豆をよくつぶす。
   4、こうじ、塩、たね水を入れる。
   5、ビニール袋の上の方を輪ゴムで閉じ、手でよく混ぜる。
   6、ビニール袋のままバケツに入れる。
   7、輪ゴムをはずし、焼酎を適量入れる。
          (殺菌効果があるため)
   8、ビニール袋を縛るように空気を抜いて、輪ゴムで縛る。
   9、重石をのせる。 (お皿3枚くらい)
   10、保管は、日が
当たらない涼しい場所に置く。
     ※冷蔵庫はだめです。

     
   
   

 

 

 

 
 

みんなでかんたん料理体験(赤石・古館こどもの家)(2015年01月15日)

クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大

「みんなで!!かんたん料理体験」が行われました。
  平成26年12月24日(水)   赤石こどもの家 
            3・
4年生 14名参加
   平成27年  1月15日(木)  古館こどもの家 
            3・
4年生  14名参加
 
  最初に、早寝早起き朝ごはんの大切さ食中毒の予防ついて正しい手洗いの仕方を勉強しました。
 1日の食事を規則的にとり、生活リズムをつくっていくことが、健康的な生活習慣にもつながります。
 手洗いは時間をかけてしっかり洗い、清潔なハンカチで手を拭くなどの指導を受けていました。

 メニュー
  「おにぎり」 「豚汁」 「フルーツヨーグルト」

  普段から家庭でお手伝いをしている児童が多く、調理を進んで行っていました。
  缶切りを上手く使えず、苦戦したところはありましたが、包丁を上手に使って食材を切ったり、後片付けも真剣に取り組んでいました。
  古館こどもの家の児童たちは、おにぎりを好きな形に作って、楽しみながら会食しました。
  家でも作りたいと話した児童が多く、食への興味と関心を高めることができたと思います。 
 
児童の感想
  ◎楽しかったこと、うまくできたこと
    ・包丁で色々な野菜を切って、とても楽しかった
     です。
    ・豚汁作りがうまくできたことがよかったです。
    ・おにぎりが上手に丸められてよかったです。
  ◎楽しくなかったこと、うまくできなかったこと
    ・大根とごぼうの皮むきがうまくできませんでした。

 
 

~親子で伝統食をつくろう~(2015年01月14日)

クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大

平成27年1月14日(水)「親子で伝統食をつくろう!」


講師 岩手食の匠               細川玲子氏
    紫波町観光案内人しゃ・べーる   久慈和子氏
                         小笠原悦子氏

メニュー
 「きりせんしょ」  「ひなまんじゅう」
 「ばらの花ずし」 「あさりのお吸い物」

 今回初めて、しゃ・べーるの方々に、ひな祭りについてお話と紙芝居をしていただきました。
 紙芝居によって、ひな祭りに込められた思いや、文化の違いなどをわかりやすく、子供達が理解できたと思います。
 調理では、初めて作る親子もいましたが、とてもきれいに仕上がっていました。

 

~感想~
  ・新発見がいろいろありました。調理も勉強できた
   し、お話も勉強になりました。
  ・きりせんしょやひなまんじゅうが自分でも作って
   食べることとができて、嬉しかったです。
   レシピを見ただけではわからないコツも学ぶことが
      できました。我が家でも作ります。
  ・自分で作ったきりせんしょが美味しかったです。
      ひなまんじゅうを作るときに、色を付けるのが難し
      かったです。紙芝居が楽しかったです。

 
 

親子で楽しいそば打ち体験②開催(2014年12月22日)

クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大

 12月13日(土)、紫波町情報交流館キッチンスタジオで第2回目の「親子で楽しいそば打ち体験」を開催しました。この日は、5組の参加があり、2回目の参加もありました。
 2回目の参加者は、作業手順を覚えており、手際よく作業を進め、出来上がりも前回より上手でした。
 初めての参加者は、そばの香りや「こね」の作業が進むにつれどんどんそばの感触が変わっていくことを体感しながら作業をしていました。
 年少の子ども達にとっては、「こね」などの力がいる作業や、大きな包丁の扱いは少し大変そうでしたが、自分たちで打ったそばを満足そうに『おいしい』と笑顔で食していました。


    ★★ 今後の予定 ★★
◆期日  1月10日(土)…参加者募集中 
      2月  7日(土)
◆時間 10:30、11:00、11:30
     12:00、12:30
          各時間2組受付
      ※予約に空きがある場合は
              当日受付可
◆参加料  1組1,000円
◆持ち物  エプロン、三角巾、上履き
◆お問合せ・申込み先
     紫波町産業部農林課
       TEL 019-672-2111
              (内線3312)     

 


 

 
 

「いい肉の日」 生産者が日詰小学校を訪問(2014年12月04日)

クリックで拡大
クリックで拡大

 11月29日は、「いい肉の日」です。
 この日は、もち米を食べて育った「もちもち牛」を使ったビーフシチューが給食で提供されました。
 毎年、「いい肉の日」には、もちもち牛を育てている生産者が、町内の小学校を訪問し、児童と一緒に会食しています。
 今年は、畠山正宏さん、吉田剛さん、細川栄子さんの3人が、日詰小学校2年生の3クラスを訪れ、もちもち牛の話をしながら楽しく会食しました。
 児童たちは、「柔らかくておいしい」と笑顔で、食していました。
 
 生産者の方々の思いや、生き物の命をいただいていること、食を作ってくれる人たちへの感謝する心をもってほしいです。また、地元食材や食の大切さの理解を深めてほしいです。

 

 

 

 

 
 

紫波第二中学校1年生が大豆を収穫(2014年11月25日)

クリックで拡大
クリックで拡大

 11月20日(木)、紫波第二中学校1年生が、大豆の収穫作業を行いました。
 この大豆は、6月23日に生徒が播種したもので、8月下旬には草取り作業も行われました。農事組合法人ゆいっこの里犬草(代表理事組合長 阿部幸良氏)の皆さんの指導のもと、剪定ばさみを使い1本1本丁寧に切り取っていました。今年の大豆は、例年よりも早く播種したこともあり、良い出来だそうです。
 生徒の皆さんは、収穫の喜びと農作業の大変さを実感したようでした。今後、収穫した大豆を使って豆腐作り体験も行われる予定です。

 生徒たちは
  ・作業は大変だけど、立派に成長してう
   れしかった。
  ・去年の話を聞くと、大雨の影響で収穫
   量が少なかったそうだが、今年はたく
   さん取れて良かった。
  ・豆腐を作ったことがないし、作り方もわ
   からないので豆腐作りも楽しみです。
 と話してくれました。  

 
 

親子でたのしいそば打ち体験(2014年11月17日)

クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大

 11月15日(土)紫波町情報交流館 キッチンスタジオで第1回目の『親子でたのしいそば打ち体験』を行いました。
 
“町民提案食育推進事業”のひとつとして、稲藤第一農産加工組合から提案されたもので、地元食材の味の良さ、昔ながらの技を知ってもらうため、地元産そば粉を使いながらそば打ちを体験するものです。西在家悦子さんを講師に開催しています。

 参加していただいた4組の親子は、初めてのそば打ち体験のようで、とても楽しみにしていたようです。
 
 
1 水回し→ 室内が乾燥していたため
         少し多目の水を入れました。
 2 こ ね  → お母さん、お父さんの力を借り
                 一生懸命こねました。
 3 のばし→ 乾燥しないようにに手際よく
         のばしました。
 4 切 る  → 細いのも、太いのも♪

 4つの工程のなかで、一番難しかったのは
切るところだったようです。

 ~参加者の感想~
  ・とても楽しみながら体験できました。
  ・太いのが入っているのがおもしろく
    美味しかった。
  ・平日はなかなか一緒にいられないので
   こどもの成長が見られてよかった。

    

 ★☆★☆今後の日程 ☆★☆★
 『親子でたのしいそば打ち体験』
  11月~2月まで月1回開催!!
   ◎第2回目 12月13日(土) 
            参加者募集中!!

   ◎第3回目  1月10日(土)
   ◎第4回目  2月 7日(土) 
    10:30~、11:00~、11:30~
    12:00~、12:30~
  各時間2組
    (定員になり次第締め切り!!)
  参加料 親子1組1000円
  持ち物 エプロン、三角巾、上履き
  お問い合わせ・申込み
      紫波町役場農林課 食育担当
      電話:(019)672-2111
      (内線3312)

 

 
 

紫波町食育推進フォーラム(2014年11月17日)

クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大

 11月9日(日) 紫波町食育推進フォーラムが、情報交流館(オガールプラザ内)で行われました。

 今年もたくさんの方にご来場いただきました。ありがとうございました。

10:30~
 市民交流ステージで地産地消料理
 コンクール審査会
  
 《審査員》
 メグミプランニング 代表 小野寺恵氏
 紫波町栄養士会  会長 松岡拓子氏
 盛岡農業改良普及センター
     主査農業普及員 佐藤真澄氏
 
14:05~
 食農体験事例・食育推進活動の発表
   ◎稲藤第一農産加工組合
   ◎上平沢小学校5年生
     「チャレンジ!!美味しいそばづくり」
   ◎一般社団法人紫波町農林公社
     「生きる力を育む食育活動」
   
15:00~
 食育講演会
   ◎メグミプランニング 代表 小野寺恵氏
         「紫波町の食文化の伝承と活性化」   

 

~参加者からの感想~

<町産食材を使用したおやつの試食会>
   ・アップルケーキ:クルミとアップルの
    コラボでとても美味しかった。
    作り方も難しくないようなので、ぜひ作ってみたい。
   ・豆銀糖:ふわっと柔らかくて美味しかった。手軽に作れそうなので、作ってみたい。 
   ・美味しかった。とろろいもがこんな美味しくなるとは思わなくて、工夫がすごいと思った。

<食農体験事例・食育推進活動の事例発表>
   ・体験することにより、食に関する興味、知識が深まると思いました。
   ・食育は、社会性や心も育てます。紫波の子は、心豊かに育っていると感じました。

<食育講演会>
   ・「一生が食育」と言う言葉が心に残りました。そして子や孫に伝えていくことの大切さを教えて
    いただきました。「長生きする」という意識で食を見直すと楽しく取り組めると思いました。
   ・子ども達へ食育を伝えることも大切だが、親が意識しないと無駄になる。もっと若いお母さんに
    たくさん聞きに来てほしかった。

※地産地消料理コンクールに出品された作品のレシピは、おすすめレシピで随時紹介していきますので、
  ご覧ください!!

 
 

上平沢小学校 そば打ち体験(2014年10月28日)

クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大

 10月28日(火)上平沢小学校の5年生13名が、そば打ちを体験しました。
  7月に種を蒔き9月には、そば刈りをしました。
 今回使用した粉は、児童達が蒔いてできた粉と、新そば粉をブレンドしたものです。
 児童達は、9月のそば刈りのあと、そば打ちできるのを、とても楽しみにしていました。

 そば打ち体験では、3班に分かれて作業し、①水まわし②そばのばし③切る工程を順番に丁寧に行っていました。 
 新そばは、水分を多く吸収するため、通常より水を多く入れました。
 生地は、想像していたより、やわらかく、力いっぱいこねたのでコシのある麺になりました。 
 児童全員が初めて体験しましたが、手際よくそば打ちをしていました。 

 出来上がったそばは、香りがよく、とてもおいしかったです。児童は「俺が切ったやつ!」と自慢げに話しながら食べていました。 

 ~児童の感想~
  藤村 夏澄さん    
   ・初めてそば打ちをして楽しかった。
  大槻 晃仁さん
   ・切るところが難しかったです。
  村上 愛美さん
   ・包丁が重くて大変でした。

 ただそば打ちを体験するだけではなく、種蒔きから体験することにより農家の方々への感謝と食への興味や関心をより深めてほしいと思います。
 

 

 
 

紫波町食育活動者育成講座(2014年10月28日)

クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大

 『紫波町食育活動者育成講座』第5回が10月24(金)紫波町保健センターで行われました。

 今回は、メグミプランニング 代表 小野寺惠氏を講師にお招きし、『紫波の食文化の伝承』と題しご講演いただきました。

 伝統食は、若い人がそのまま受け継ぐのではなく、現代の食事とうまく組み合わせて100年後に伝えていくことが大切だと話されました。
 受講者はもっと話を聞きたいと話し、数々の質問をしていました。
 小野寺惠氏は、11月9日に行われる食育推進フォーラムでもご講演していただきます。

 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 調理実習では、岩手県食の匠 細川玲子氏に『紫波の伝統食』を教えていただきました。

  ●本日のメニュー●
   ・ひっつみ
   ・ひなまんじゅう
   ・きりせんしょ
   ・里芋のずんだ和え 

 ひっつみは、南部小麦粉と紫波町産の野菜をふんだんに使い作りました。
 ひなまんじゅうときりせんしょは、ご家庭によって作り方がいろいろあるそうです。
 里芋のずんだ和えは、初めて食べましたが、枝豆の香りがしっかり里芋に絡んでおいしかったです。
 受講者の方々は、さっそく家庭で作りたいと話していました。

★第1回から第5回までの全課程を修了し、伝統食を受け継ぎ食育パートナーとして活躍して頂きたいです。

 
 
<< 前へ || ... 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 ·... | | 次へ >>