甚乃米 がんばる農家の無添加おかゆ(2018年03月22日)

クリックで表示
クリックで拡大

甚乃米 がんばる農家の無添加おかゆ販売中!!

 独自製法でお米くずれを少なく、また
添加物・保存料を使用しないお米と水だけでやさしくふっくら炊き上げたおかゆです。原材料のお米「甚乃米」は自家生育の牛のたい肥から田んぼを作る人と環境にやさしい循環型農法にこだわり減農薬・減化学肥料栽培で作ったお米です。毎日のお食事や離乳食体調が優れないときのお食事に。また長期保存ができますので非常食にピッタリです。どうぞお買い求めください。

販売店 :  紫波マルシェ,たまご屋
            
銀河プラザ

値 段  :  小…220円     大…260円

 

 

 
 

703NK カフェ&雑貨の店(2018年03月22日)

クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで表示
クリックで表示

703NK カフェ&雑貨の店

岩手県食の匠 吉田正子さん

 自家栽培した米を自宅で粉にした“米粉”にこだわった商品づくりをしています。

 米粉のがんづきや米粉のシフォンケーキ

 新商品“どべっこがんづき”(酒粕を使ったがんづき)

 町内に4つ造り酒屋があるので 日本酒のPRも兼ねた商品を開発。

   ★販売場所 
       703NK カフェ&雑貨の店
        紫波マルシェ

    ・どべっこがんづきは干しブドウ入り
    ・米粉シフォンには生のリンゴを
        入れてみた
    ・どべっこがんづきをお店で売るときは350円
        くらいを予定。マルシェでは2個入りで250円を予定。
    ・がんづきティラミスはお店で300円で売っている。

営業時間  11:00~16:00

定休日    火曜日

住 所    紫波町平沢字松田11-10

T E L    019-672-4675(ふみ月 吉田 正子)

 
 

紫波第三中学校2年生合格(五角)もち作り(2018年02月21日)

クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大

平成28年2月21日(木)紫波第三中学校2年生46名が、合格(五角)もち作りをしました。

  講師   新里哲之さん
        新里光子さん
        新里富子さん

 「3年生の高校受験の力になるように…」との想いから始まった合格(五角)もち作りは、 生徒たちが春の田植え、草取り、秋の収穫、修学旅行先、東京でのお米販売を経て、合格(五角)もち作りに至っています。

 目標 講師の人たちの話を良く聞き、三年生に感謝の気持ちが伝わるようにもち作りをしよう。

 新里さんは「米作りからの最後の行程になります。三年生の皆さんが志望校に合格するように五角もちを作ろう」と話をしました。

 型を抜く人、袋に詰める人、リボンを結ぶ人にわかれて作業し、スムーズに進めることができました。
 用意されたもち米は、6kg。約60個の合格(五角)もちを作り、残りは、きなこ・あんこ・新里さんのお宅でよく食べている、ねぎしょうゆ味のちぎり餅にして、みんなで試食しました。ねぎは、富子さんが作っている紫波町産のねぎです。生徒たちに大人気でした。
 とても弾力のある、気持ちの込められた、餅に仕上がりました。

 合格餅と一緒に入れる、5種類のイラストをデザインした、山上晟弥さんと八重樫舞さんは、「無事に合格してほしいという思いを込めて作成しました。力強く、自分の手で掴みとる勢いと、縁起のいい、クジャク、だるま、日の出を画きました。」と3年生の合格を願っていました。

 合格餅は、志和稲荷神社で合格祈願をした後、3年生に贈呈されます。

 
 

平成30年度「加工・業務用野菜生産基盤強化事業」の公募について(2018年01月30日)

クリックで表示

平成30年度「加工・業務用野菜生産基盤強化事業」の公募について

 

公募期間(応募等の受付期間)
平成30年1月9日(火)~2月5日(月)正午必着

 

詳しくはPDFをご覧下さい。

 
 

農商工連携及び地域資源活用に係る事業化セミナー(2018年01月30日)

クリックで表示

農商工連携及び地域資源活用に係る事業化セミナー

開催日時:平成30年2月8日(木)13:30~16:00
開催場所:ホテルルイズ3階「万葉の間」

詳しくはPDFをご覧下さい。

 

 
 

佐比内レストラン「ぶどうの樹」2月~3月までのイベント紹介(2018年01月30日)

クリックで表示

佐比内レストラン「ぶどうの樹」よりお知らせ~♪
 ■2月~3月までのイベント紹介■

・乳神様の日
 2月11日(日)
 3月11日(日)

MENU
 乳神様Wカレー
   ★2種類のカレーの味が楽しめますよ!!
 乳神様饅頭+コーヒーセット
   ☆リアルなおっぱいの形にびっくり!!

・手打ちそばの日
 2月1日(木)
 3月1日(木)

   ★朝打ちたての【稲一そば】を味わうことができますよ♪
    おすすめは「天ぷらセット」季節野菜の揚げたて天ぷらとおそばはベストマッチ!!

・ランチバイキングの日
 1月21日(日)
 2月15日(木)
 3月15日(木)

   ★つきたての佐比内産「ヒメノモチ」定番のあんこもち・くるみもちは絶品!!
    冬に不足がちな野菜を使った料理の数々、デザート、漬物類も取り揃えております。

*冬期間(1/12~3/31)ご来店下さったお客様への特典!!

注文いただいた全メニューに対し、小鉢1品、デザート1品サービスいたします!!(日替わり)
(イベント日は対象外です。)

 *休みのお知らせ
 定休日   2月 毎週火曜日
 臨時休業 2月22日 組合通常総会の為

*新メニューの紹介
 
・かぼちゃひっつみ・おこわ定食
    寒い冬の期間におすすめ(1月~3月期間限定)
  紫波町産南部小麦と佐比内産かぼちゃを充分にしとねた「黄色のひっつみ」体も心もあったまりますよ。

*お弁当等のご注文承ります

  詳しくは、電話 019-674-2299(受付時間10:00~15:00)

■皆様のお越しをお待ちしております。レストラン「ぶどうの樹」 スタッフ一同■

 
 

乳神様メニュー(2017年12月08日)

クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大

ぶどうの樹【乳神様メニュー】
          

 毎月第2日曜日 佐比内産直とぶどうの樹の間にある「乳神神社」ゆかりの限定メニューを提供します。

 

【乳神様Wカレー】スパイシーなビーフカレーと、地元産のお豆腐を使った、ヘルシーで優しい味の豆腐カレー どちらも地元野菜たっぷり!二つの味が楽しめて食べ飽きません!形は・・・

 

 ■【乳神様まんじゅう】米粉の皮にさつまいもが入ったつぶあんが包まれています。ふっくら柔らかな食感で、カレーを食べた後でもペロッと。ピンクの部分は梅を使って綺麗な色と爽やかな風味が感じられます。

 

ぜひ足をお運びください♪♪

 
 

紫波の味工房・ふるさとレストランぶどうの樹(2017年12月06日)

クリックで拡大
クリックで拡大

紫波の味工房・ふるさとレストランぶどうの樹

手打ちそばの日

12月7日(木)11時~14時開催!!

【稲藤一のそば】のランチメニューを提供します。

「県の食に匠」西在家悦子組合長による手打ちそばの実演もありますのでぜひ足をお運びください♪

※今後は毎週第一木曜日(1月は休み)に開催します。

 
 

「紫あ波せお29(にく)給食 児童と生産者交流会」実施(2017年11月24日)

「紫あ波せお29(にく)給食!児童と生産者交流会」

 町内での児童、生徒に紫波町の特産品である【しわ豚】【もちもち牛】の良さを知ってもらうため、11月を「紫あ波せお29(にく)推進月間」と位置づけ、地j場産のお肉にこだっわった給食を提供しています。
 11月20日には「しわ豚」を、同29日には「もちもち牛」を使用した献立の提供のうえ、地元の小学校で生産者との交流会を実施いたします。

11月20日 しわ豚献立 水分小学校

*主催 紫波町教育委員会、岩手中央農業協同組合

*参加者 水分小学校の児童、岩手中央農協養豚専門部会(しわ豚生産者)給食センター所長等

*内容 しわ豚生産者が、紫波町水分小学校を訪問し、畜産業(主に養豚)について説明のうえ、児童と
 しわ豚を使用した給食を一緒に会食する。 

*備考 しわ豚は、岩手中央農協畜部会養豚専門部会の寄付による。

11月29日 もちもち牛献立 彦部小学校

*主催 紫波町教育委員会、岩手中央農業協同組合

*参加者 彦部小学校の児童、岩手中央農協職員、もちもち牛生産者、給食センター所長等

*内容 もちもち牛の生産者が紫波町彦部小学校を訪問し、畜産業(主に牛の飼育)について説明のうえ、
 児童ともちもち牛を使用した給食を一緒に会食する。

*備考 もちもち牛の購入費の一部は、岩手県農業協同組合中央会による助成

 

 

 
 

ぶどうの樹【乳神様メニュー】新登場(2017年11月13日)

クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大

ぶどうの樹【乳神様メニュー】
          
新 登 場!!

 毎月第2日曜日 佐比内産直とぶどうの樹の間にある「乳神神社」ゆかりの限定メニューを提供します。

 

【乳神様Wカレー】スパイシーなビーフカレーと、地元産のお豆腐を使った、ヘルシーで優しい味の豆腐カレー どちらも地元野菜たっぷり!二つの味が楽しめて食べ飽きません!形は・・・

 

 ■【乳神様まんじゅう】米粉の皮にさつまいもが入ったつぶあんが包まれています。ふっくら柔らかな食感で、カレーを食べた後でもペロッと。ピンクの部分は梅を使って綺麗な色と爽やかな風味が感じられます。

 

乳神様(ちがみさま)

 野南部藩氏の女が、盛岡南部のお城に乳人(めのと)として仕えていたが、家老との不義懐妊のため実家に帰される途路、帰るに帰られず、この地、塚沢長嶺の藤棚の下に庵を造り、横町部落に喜捨を求めて生活をしていた。
七日、十日姿を見せないので、部落の人たちが心配して訪ねてみたところ、産後に死んでいて、赤子が死んだ母親の母乳を吸っていた。と伝えられている。(中略)

 
 
<< 前へ || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | 次へ >>