「紫ひめ」は、もち米をブドウジュースで蒸したおこわであんこを包み込んだ和菓子である。

紫波町の「紫」と町花「キキョウ」をイメージできる紫色のブドウを利用したものであるが、きれいな色を出すためには、キャンベル100%のブドウジュースをたくさん使わなければならず、キャンベル生産量県内一の紫波町ならではの贅沢なお菓子である。

<材料 20個分>

もち米(ヒメノモチ)  2.5合(450cc)
ブドウジュース(キャンベルストレート果汁100%) 
2.5合(450cc)

【こしあん】
小豆          200g
ザラメ         160g
塩            少々 

<作り方>

①    もち米をブドウジュース(320cc)に1晩浸す。
②    こしあんはあらかじめ20等分に丸めておく(20gずつ)。
③    水を切ったもち米を20~30分位蒸し、ボールに移し変え、ブドウジュース(130cc)を打ち水する。
④    さらに20分間蒸し(芯が残らないこと)火からおろして20等分にする。
⑤    もち米が熱いうちに手早く手のひら大に広げ、真ん中にあんを置き、手のひらをつぼめるように包み込む。

 

【こしあんの作り方】

① 小豆を洗い、たっぷりの水で煮る。ひと煮立ちしたら水を捨てる。
② もう一度たっぷりの水で煮る。中火にして、親指と小指で持ってつぶれるくらいになるまでやわらかく煮る。
③ ボールにザルを入れて、そこに煮汁と共に小豆を入れる。手が入れられる位の温度まで水を足す。
④ ザルの中で小豆を手でつぶし、ザルに皮だけ残るようになったら、ザルごと皮を取り除く。
⑤ 皮を取り除いた④を、こし袋に入れて水気を絞る。
⑥ こし袋の中身を鍋に入れザラメを加える。3時間位するとザラメが溶けてどろどろになる。
⑦ ⑥を中火以下で、焦がさないようかき混ぜながら1時間くらい煮る。
⑧ 照りがでて、かき混ぜると鍋底が見えるようになったら、塩をいれて仕上げる。冷めたらまるめる。

 

「紫ひめ」は、もち米をブドウジュースで蒸したおこわであんこを包み込んだ和菓子である。