クリックで拡大

紫波町に伝わる郷土料理
がんづき

材料(直径20cmの蒸し缶1つ分)

小麦粉  300g
黒砂糖  140g
酢    大さじ2
重曹   小さじ2
水    200cc
くるみ  適量
ごま   適量

作り方

①ボウルに黒砂糖、水を入れ、よく混ぜる。
②黒砂糖が溶けたら、酢を加える。
③②に重曹を入れ、泡が立ったら、小麦粉を加えよく混ぜる。
④蒸し器にオーブンシートを敷き、③を流し入れて、くるみ、ごまを散らす。
⑤強火で20~30分蒸し、竹串をさして生地が付いてこなければ出来上がり。

 

※黒砂糖はミネラルが豊富、くるみなどのナッツ類は抗酸化物質が豊富で細胞を活性化させます。ただし、ナッツ類は脂質も多いので食べすぎには注意しましょう。

 ※生地の上の黒ごまが満月の空を飛ぶ雁の群れのようであることから「雁・月」→「がんづき」になったといわれています。卵・牛乳を使っていません。モチモチとして食べ応えがあります。

 

 

【レシピ提供 紫波町食生活改善推進員協議会 古館地区会員の皆さん】