クリックで拡大

紫波郡に伝わる郷土料理
ぬっぺい汁
~豆腐のすまし汁にとろろを加えた汁物~

材料(4人分)

豆腐       1/2丁
長芋       300g
大根       150g
干し椎茸     2枚
だし汁(鰹)   5カップ
醤油       大さじ2
もみ海苔     少々

作り方

 ①干し椎茸は水で戻して細く切る。
 ②豆腐は拍子木切りにする。
 ③長芋はすって、大根のおろし汁を加えてのばし、とろろを作る。
 ④だし汁に、椎茸の戻し汁と椎茸、豆腐、醤油を入れひと煮立ちさせる。
 ⑤熱くした④をお椀に盛り、その上に③のとろろを入れ、もみ海苔を散らす。

※この汁は熱いうちに食べると体が温まります。

※とろろがかかった汁の状態がのっぺりしているので「のっぺい汁」、
 それがなまって「ぬっぺい汁」となったといわれている。
 また、とろみをつけ濃度を出すことから「濃餅汁(のっぺいじる)」とも呼ばれる。

 

【 レシピ提供:紫波町食生活改善推進員協議会 彦部地区会員 佐藤ノリ子さん 】