クリックで拡大

紫波町地産地消コンクール
 《菓子・デザートの部》
 紫波総合高等農場の
  プレーンのジャム・マルメロのジャム
 ◎出品者  紫波総合高等学校
                      ライフデザイン系列3年

 

【材料】 4人分              
◆ プルーン       ◆ マルメロ      
  プルーン   360g      ☆マルメロ 300g    
    (種を除いた正味)        (皮と種周辺を除いた正味)    
    グラニュー糖 110g     グラニュー糖 120g    
    (プルーンの30%)        (マルメロの40%)      
               レモン汁 適量 ☆印は町産食材です

 

 【作り方】

 〔所要時間 「プルーンを8時間なじませる」を除いて、それぞれ90分〕

   
〔プルーン〕                
  ① プルーンは、水洗いし半分に切って種を取る。
  ② オーブンシートを敷いた天板に、切り目を上にして並べ、100℃で約60分加熱し、乾かす。
  ③ 表面が乾いたら、ボールに移してグラニュー糖の半量を加えてさっと混ぜ、8時間程度冷蔵
  庫でなじませる。
  ④ プルーンから水分が出たら、残りのグラニュー糖を加え、さっと混ぜて鍋に移し、強火で
  加熱する。
  ⑤ 鍋の底が焦げつかないようにヘラでかき混ぜる。あくが出たらすくい取り、強火で一気に
  仕上げる。つやが出たら完成。
〔マルメロ〕                
  ① マルメロは、表面についている産毛を水で洗い流す。
  ② 空気に触れると変色しやすいので、ボールに水とレモン汁を入れたものを準備しておく。
  マルメロの上部を切り落とし、4等分にしてすぐにレモン汁に浸す。さらに皮と種でペクチン
  液を作るので捨てずにとっておく。
  ③ 種と切り落とした上部を鍋に入れ、マルメロが隠れるくらいの水を入れて、弱火で1時間位煮る。
  (ペクチン液ができる。)
  ④ ペクチン液を作っている間に、果実を好みの形に切り、重量を計ってグラニュー糖の分量を決める。
  ⑤ 刻んだ果実にグラニュー糖を加え、ペクチン液ができるまで浸けておく。
  ⑥ 煮終わったペクチン液をガーゼなどで濾す。
  ⑦ グラニュー糖をまぶしておいた果実に、ペクチン液とガーゼに包んだ種の部分を加え、好みの硬さに
  なるまで煮詰める。
                     
                     
【調理上のポイント・コツ】            
   ・ プルーンのオーブンでの加熱時間は、熟成度や好みによって調整します。
【料理のアピール】              
   ・ 紫波総合高校の農場にあるプルーンとマルメロを、ジャムに加工しました。
   プルーンは、濃厚な色になるようにオーブンで乾かしてから加工しました。
   マルメロは、プレザーブスタイル(果肉が残っているタイプ)とミキサーでペースト状にしたタイプを
   作ってみました。スコーンやパンに付けて、ヨーグルトに添えて、などお好みで活用できます。